朝立ちとは?そのメカニズムも解説!

朝立ち

朝立ちとは?

朝立ちとは、一般的に、朝に無意識に陰茎が自然に勃起することを指し、一般に思考によって制御されません。

朝の勃起は、患者の性機能と勃起の強さをある程度反映することができます
男性が朝勃起するのは普通のことです。 たとえば、性交後数日以内に朝の勃起がないのは正常です。
しかし、長時間朝勃起がない場合は、前立腺炎、高血圧、糖尿病などとの関連を考慮する必要があります。

患者は、軽くて栄養価の高い食事を取り、タンパク質、脂肪を補い、ビタミンやミネラルが豊富な食品をより多く食べることが推奨されます。

ピーマン、ネギ、冷たい飲み物など、辛さを抑えて刺激の強い生ものや冷たいものを食べるように注意してください。 普段から塩分、脂質、糖質の摂取を控え、適度な食生活を心がけ、良い生活習慣を身につけてください。

朝立ちが起こる理由

朝勃ちがどんなものか分かったところで、なぜ起こるのかを見てみましょう。

ペニスの朝勃ちは、主に海綿体に十分な血液が供給されることによって起こります。
睡眠中は交感神経の興奮が抑えられ、副交感神経の興奮が高まります。 副交感神経の興奮が高まると陰茎動脈の血管拡張が起こり、陰茎への血液供給量が増え、海綿体への血液供給が十分に行われるようになります。
ペニスの海綿体に血液が大量に流入すると、海綿体が血液で満たされ、勃起するというのが、朝勃ち現象の形成の基本原理です。

男性の朝立ちは、陰茎の機能が正常であることを示します朝勃ちがあることは、通常、男性の勃起が正常に機能していることを表します。

朝立ちがしないと

朝立ちしなくなったり、朝立ちの頻度が減少しつつある場合には、勃起に必要な要素のいずれかに異常や変化が生じていることを意味します。

このように、朝立ちは男性の健康状態、特に男性機能の状態を判断する指標になるといえるでしょう。

朝立ちしない場合、もしくは朝立ちの頻度が極端に減ってきた場合、「もしかするとEDの前兆では・・・」と不安を感じる男性は多いのではないでしょうか。

「朝立ちしないこと」が、必ずしもED(勃起不全)であるわけではありませんが、 身体に何かしらの異常や変化をきたしている可能性は少なからずある といえます。

たとえば、勃起するためには神経や男性ホルモン以外にも『血液の流れ』が関係しています。

勃起するためには、陰茎の内部にある海綿体に、十分な量の血液が流れ込まなければいけません。血行不良を起こしている状態だと海綿体に血液がうまく流れず、勃起を阻害する可能性があります。

動脈硬化、糖尿病など生活習慣病の疑いがある方は、血管の状態が悪化して、陰茎においても血行不良を引き起こしているのかもしれません。

朝立ちの頻度から、ご自身の身体の変化をしり、体調管理の関心を持つことも大切です。そしていざという時に、早期対応できるよう心掛けておきましょう。

EDかな?と思ったら早めの治療を!

ED(勃起不全)の症状が見られる場合や疑わしい症状が見られる場合は、気づいた段階ですぐに治療を開始することをおすすめします。

EDは自然に治る病気ではなく、むしろ放置することでどんどん重症化します。
勃起しなくなったことへのストレスや焦りを感じてしまうと、その感情がさらに症状を悪化させる可能性があります。

EDを治療するためには、生活習慣の改善や生活環境の見直しから はじめてみましょう。

動脈硬化などの生活習慣病による血行不良や過剰な精神的疲労の蓄積は、日頃の生活を変えることで改善できます。
栄養バランスを考えた食生活をする、適度な運動をすることで健康な体をつくることが可能です。

また、大きなストレスを感じている場合は「自分なりのストレス発散法を見つける」「現在の生活環境を変える」といった対策を取ることができます。

いずれも数日でEDを改善することはできませんが、毎日継続することで徐々に症状を緩和することができるでしょう。
症状が軽度のうちに治療を始めれば、早期改善できる可能性はさらに高まります。

「どうしても早く改善したい」という方は、ED治療薬の服用をおすすめします。
ED患者の増加にともない、現在はED治療を行っている医療機関が充実しています。
適切な診断をしてもらえるほか、 即効性のあるED治療薬 を処方してもらって治療できます。

通院に抵抗がある、諸事情があり都合が悪いという方には、海外医薬品の個人輸入を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

通販は、医師の処方せんも必要なく、誰にも知られることなく入手することができる唯一の方法です。
様々なED治療薬がありますが、一番有名なのはやっぱりばいあぐらでしょう。

最近、バイアグラのジェネリック医薬品もだんだん普及しています。
もっとバイアグラ系の医薬品を探しなら、こちら

One thought on “朝立ちとは?そのメカニズムも解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です